2014年6月21日土曜日

イタリアで過ごす休日 2011年2月28日(月) ②ヴェネチア

さて、朝食後バスでヴェネチアへ行きます!


昨日、ミラノ市内自由観光後は、
例のゴルフ宿泊所ではなく、
バスで移動してヴェネチア近くまで
来ていたようです。4時間半!
バスの中で眠っていた記憶があります。
ミラノからベネチア近くのホテルに向う途中の村の風景。





ヴェネチア近郊のホテルから
ヴェネチア本島へはバスで1時間ほど
程なく、ヴェネチア特有のラグーナ(潟)が見えてきました。






朝の荷物を降ろしたり積んだりする風景。
さて、トロンケット(駐車場)にバスを止め
30分船に乗って、本島に着けます!






黒●印のMeeting Pointに着くみたいですよ。








船では進行方向の左側に座りましょう!
左手に本島の街並みが見えて来て、
思わず揺れているのも顧みず
船の左に移動しました!








おぉぉ!!
いかにもヴェネチアらしいじゃぁ~ありませんか!
自信ありませんが、サンタ・マリア・ディ・ジェズアーティ聖堂と思われます。
大運河からミーティングポイントに行こうとしているので。









せっかくですから、大写しも!







そうして、あれが、ヴェネチア・バロックの傑作
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会







こちらも大写し。
でも、裏手だね。







そうして、もう有名なサンマルコ広場にある
鐘楼が見えてくると小船のなか、
パチパチと撮影が始まる。







Meeting Point 船着場は
サンマルコ広場からちょっと離れます。








ヴェネチア本島上陸~!
ヴェネチア。
150の運河と400以上の橋(ポンテ)、
そして117の島からなる水上都市







対岸の小島に浮かぶのは
サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
「水辺の貴婦人」







上陸したとおもったら、いきなりヴェネチア・カーニバルの人
カーニバルの衣装コンテストは週末ですが、
カーニバル週間中、扮装の人がいっぱいです。







本土に上陸すると観光客はみな、
サン・マルコ広場へ向います。
左手にみえるのが、先ほど運河から見えた
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会







さて、私達一行は、このライオン像のところで
自由行動となり、
午後2時20分にまたここで落ち合います。








マツと私は、オプショナルツアーで、
ドゥカーレ宮殿内を見学し、ゴンドラに乗り、
その後お昼です!
イタリアは個人で中に入ろうとすると
待ちが大変です。
OPだと、待たずに中に入れます。







ドゥカーレ宮殿中庭
観光客がパチパチ








ヴェネチアがいかに裕福だったかが
わかりますね。








中庭の片隅に何かありますね。









う~む・・ 何でしょう?
モスクワの赤の広場にも似たようなものがありましたが、
あれは、首切り場でしたけど・・








時間の制約がなかったら、
宮殿の外も内もジロジロ見るのに
半日は必要ですね。







我々一行は現地ツアーガイドさんに連れられ
中に入ります。
2階です。







小柄なガイドさんの手
これ、何だったかしら~?
シークレットの文字が見えるから、
ここの牢獄に入れられたカサノヴァと
密通していた修道女かしら~?








さて、この先は立ち入り禁止







中庭も見下ろしてみましょう。







先ほどの怪しい壺もありますね。
隅じゃなく中央ですね!
ブロンズ製ですって!








では、この天空を背負った苦難の
アトラスの横の階段を上がり、3階の
大評議会の間やなんやらへ参りませう!






因みにこのアトラスの横の階段は
黄金の階段







天井部分がね。
金メッキの化粧漆喰だそうです!








階段としては、こんな感じです。







せっかく上に行ったのだからバルコニーから
また撮る。パチパチ!
これは、お隣のサン・マルコ寺院?







さて、ドゥカーレ宮。
2階の評議会の間や謁見の間などは撮影禁止。
でも、廊下は撮影可。
で、廊下撮影してたら、お隣の絵画が入っちゃった!
もうけた! わ~いわい!
時の共和国トップ、ドォージェと評議会メンバーでせう。







さて、撮影禁止の評議会の間や
ティントレットの「天国」の絵をみて
またぞろ、撮影可の廊下!
パチパチして溜飲を下ろす。







で、凄いと思ったのがこちらの牢獄。
最近まで(って何時まで?)使われていたとの事で
日付?が刻まれているのがいかにもって感じです。







さて、またバルコニーから撮影した
この後姿の方、誰かというと・・








中庭から2階へ登る階段があり、
昔は儀式用に使われたんだそうで
そこにおわす巨人でごわす。
「巨人の階段」








こちらその巨人2人でございます。
で、ドォジェはここを昇りきった最上階の踊場に
席を占めたって、ここ2階だけど?
あ、この巨人の階段のあるドゥカーレ宮殿のファサードは
ルネッサンス様式だって。










先ほど見ていただいた、宮殿の中庭の様子ですが、
巨人の階段のあるルネッサンス様式が向って右手です。
左のちょっと茶色いところのアーチのファサードは
運河から見たときのファサードと同じだから?
14世紀ゴシック様式となるのでせうか?
う~む・・
10世紀に建築はじまり、ビザンチン様式にも影響され
14世紀ゴシック様式で決まったようですが・・








あったわ!
ガイドさんの話もそこそこに手当たり次第に
パチパチ周りを撮影していたお陰で
その14世紀ゴシック様式のファサードってのが。







で、ここもドゥカーレ宮の中庭ですから、
これもドゥカーレ宮ですかしら~?







宮をでてきてサンマルコ広場の大鐘楼







こちらは、サンマルコ寺院







これです!







サンマルコ広場におけるドゥカーレ宮とサンマルコ寺院との
位置関係はこちら。







サンマルコ寺院
異国情緒たっぷりです。
ライオンはヴェネチアの象徴です。







贅をこらしたサンマルコ寺院
しばし細部をご覧あれ!






美しさの前に、人は寡黙になる・・








ビザンチンぽい








ま~、マーブルだわっ!





































ライオンちゃん
青くてきれいですが、左半分修復中







ビザンチン様式は彩色が華麗なんですね。






それにしてもこのおびただしい数のマーブル。
どこから・・・?
あれ?
ジェノバからって誰かが言ってなかったっけ?







さて、人でごった返すサンマルコ広場をしばし離れ
オプショナルツアーでヴェネチアングラスの店へ。






このおじさんが、ヴェネチアングラスの作成実演を
披露してくれますが、なんだかね・・







ま、グラス買う人は買い・・
お店でしばし過ごした後は、
いよいよゴンドラに乗ります!
あちらも日本人ツアーですね!






で、↑の写真で背景にみえていた
どぎついDANIELI なるものは
最高級ホテルだそうです!
外はこんなですが、中が凄いらしいです。





あれに見えるは、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
「水辺の貴婦人」








いよいよ出発!
実は、アチクシ、この旅行直前にジョニー・デップが
買ったという11億だか(3億だったかな?)の館が何処なのか
ゴンドラに乗って探そうと思っていたのでした!
楽しみ~♪







大運河なら小1時間。
小運河なら30分と下調べしておいたのですが、
あ~た、外(大運河方面)へ出たと思ったら
サンマルコ広場のほうへ取って返し、
この橋の下をくぐろうとする!







周辺修復中の溜息橋の下







ドゥカーレ宮内の裁判所で判決を言い渡された
被告がいよいよ牢獄へ引っ張られていくとき
渡る橋です。
はぁぁぁぁ~と罪人が溜息をつく。







うへぇ~~!
内海というか小運河は生活圏なだけあって、
建物厳しい! (>_<)







美しいとは無縁の運河めぐりですぅ・・







日常的船着場ですね。






こういうちょっと綺麗な建物は
多分ホテルでせう。






建物の下部分がガビガビなのは、
ここまで水が上がったという跡ですね。







絶対にジョニー・デップの館はこんな所にはない、
と思いつつがっかりしていると、
ま、ゴンドラのこぎ手のおじちゃんが
それなりのパフォーマンスを見せてくれるのです。
およそ頭かがめないとくぐれない
この橋の下を通るンだと!







若い子ならキャーキャーもいいましょうが、
あ~た、見え見えですし~。
ツアーには大きな男の子が2名もおりましたし~。
またしても、ガビガビ







更に、おっさん、船をわざと右に左に揺らす。
これはちと危ないよ!
だって、同乗者、でっかい男の子いるんだから!
そいつがバランス崩したら、
このバッチイ運河にポッチョンだから~。







おや?
あんなところにカラスとんびの格好をした人が!
カーニバル期間中は毎日あんな格好してるんですね。







で、ジョニー・デップの館もへちまもなく
ゴンドラは終わり、上陸した時いたこのお兄ちゃんを
マツが撮影するもんだで、私も!
このカンカン坊にシマシマシャツが着れるのは
ゴンドラこぎ手として選ばれた者だけとかで、
このあんちゃんは、写真に撮られていること
承知の介でポーズ取ってるんだよね。
プライドってやつですね!







さて、OPツアーの最後にお昼を食べに
お店へ向います!
ルンルン♪








そうそう、昔旅行ガイドをしょっちゅう読んでいた時、
イタ飯屋さんのこと、現地ではタベルナというと
どのガイドブックにもこれでもか、という位
載っていましたが、看板みてそれを思い出しました!







しょうもないような食事でした!
その後、またサンマルコ広場まで戻ってきました。







ツアーの一行との待ち合わせまで時間あるので
この辺りで時間を潰します。
写真を余り撮らないマツが撮っていたので、
真似してパチリ!
うん! いいヴェネチアの思い出写真になった! (^_^)v







後は、時間までこの周辺をチョロウロするだけ。
この大鐘楼、登れるンですよ。
登れるものなら登ってみたかったかなぁ?
でも、エレベーターないと無理かも。







サンマルコ広場は相変わらず人が多いわ。







あ、こんな所に子供のピエロが!







広場中央には、週末の衣装大会の為のステージが
あるため、写真で見るような鳩が舞い降り、
観光客がカフェでくつろぐ的な光景はありませんが、
陽気な観光客で溢れています。







この子もツアーの一行でしょうか?
待ってます。







おお!
何処からともなく、カサノバを気取ったおっさんが!







さて、では、またぞろ船着場へ戻りましょう!
このあとフィレンツェへと向います!
ゾロゾロゾロ






ここでもイヌを連れた警官がパトロール。








ヴェネチア本土上陸した時、通ったホテル前。







さすがホテル!
綺麗に並んでますね。
でも、2月のイタリア。
さすがに何処の街もカフェで食事している人は
見かけませんでした。








さようなら、ヴェネチア!
もし、1人旅で来るなら、ホテルはやはり
迷わないようにサンマルコ広場の
この鐘楼の近くでしょうね。
でも、迷宮のラビリンス、ヴェネチアの一人旅は
自信ないですわ。
絶対迷子になるから。

今回は建物の中、ほとんど見ていないのが
心残りです!


さ、次は、フィレンツェです!
フィレンツェはいいぞ~~!!








おまけ!
これが、ジョニー・デップが当時購入した館です!
何処にあるんでせうね?




















































0 件のコメント:

コメントを投稿